持続可能な観光と防災

 国際災害対策支援機構では、ドローン関連会社や航空会社と連携し、観光と防災への取り組みを行っています。ヘリコプター活用のメリットは、移動時間短縮や渋滞緩和、イベントなどの催し、観光利用以外にも、災害時の物資の輸送、医師の搬送、防災訓練など、災害対策の面でも活用が可能です。
持続可能な観光事業に地域防災システムを組み込む事で、地域に寄り添った観光防災を定着させることを目的とします。

実施事例

観光防災普及イベント

地域の観光や文化を見直し緊急時にできる民間防災を体験できるイベントを実施。イベント等を通して、身近な生活圏で空からの支援が受けられる方法を広く周知する活動を行っています。

観光防災イベント

ソラマリ挙式自治体公募

自治体との包括連携協定に基づき、地域活性化・イノベーションに寄与するヘリコプターを活用したイベントを実施する事により、防災・災害対策の拠点となる飛行場外離着陸場の確保に加えて、協働による企画運営を地域社会の担い手となる若年層に向けて実施する事で人材育成や活性化に寄与する。
ソラマリ挙式(ヘリコプター内での結婚式)の開催及びカップルを募集して、空の上で結婚式を開催します。

実施内容

空の駅勉強会

「空の駅勉強会」では、災害と新たな観光に強いまちづくりの交通ハブとしての”空の駅”の将来ビジョンや実施要件について考え、政府・省庁へのフィードバックを行います。副次的にネットワーク構築と、統一的なブランディングを施すことにより、新たなマーケットの開拓を行うことも目的としています。
事務局:一般財団法人国際災害対策支援機構

実施内容

災害時救済活動

緊急事ヘリでの現地支援、初動における行政の要請のもと活動する民間団体への支援活動を実施

活動事例